東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

ワイングラスを割ってしまったから新しいワイングラスをまた買おうと思う


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20181126011743j:plain

またしても、ワイングラスを割ってしまった。

「僕の心はひび割れたビー玉さ」と、堂本は歌っていたが、私の心は比較的常時バキバキに割れたワイングラスなのである。

 

割ってしまう理由もなんとなくわかっている。

酔っぱらった状態で食器洗いをしてしまうからである。くれぐれもワインを飲んだ後は食器洗いをしないことを提言。

 

ペアで買ったワイングラスを一脚だけ割って、不揃いなワイングラスがたくさんなんてことも、ワイン好きな人にはあるあるといった状況だと思う。全く同じワイングラスがたくさんあるほうがいいのだが、新しく買うときはほかのものを試してみたくなると言ったからくり。

 

高価なワイングラスでワインを嗜みたい気持ちはあるが、割ってしまうというリスクを考えると高価なワイングラスに手を出すのはどうしても気が引けてしまう。

しかし、ワインだけはワイングラスでなければワインの本来のポテンシャルを堪能できないということもワインが好きだからこそわかってしまうというこのジレンマ。

ということでワイングラスについての文章を綴ろうかと思う。

ワイングラスの持ち方

ワイングラスはステムの部分をつまんで持つとか、グラスの手で覆うように持つとかいろいろ言われるが、もっとシンプルな方法がある。

適当に持つ

どうせ酒飲んで酔っ払うんだから、わたしゃマナーとか知らない田舎門でゲス、テヘヘと言う感じで気にせず持つことが最も持ちやすい持ち方である。普段はストロングゼロしか飲んでないもんでモラルもルールもマナーもエチケットもカンケーねーです、ゲヘヘと言った感じを醸すことが大事。

手の熱が伝わると味がどうのこうのと言うことをいう方もいらっしゃるが、飲んで無くなるものに何ムキになってんだコノタコスケガと言った感じで無視&無視&無視で構わない。

ワイングラスのタイプ

グラスを言われるものをとりあえず羅列してみよう。

白ワイン用ワイングラス(ボルドー・ブルゴーニュ)
赤ワイン用ワイングラス(ボルドー・ブルゴーニュ)
カクテルグラス
リキュールグラス
シェリーグラス
ブランデーグラス
シャンパングラス(ソーサー)
シャンパングラス(フルート)
ゴブレット
パフェグラス
オールドファッション
ジョッキ
ピルスナー
コリンズ
タンブラー
テイスティンググラス
ブランデーグラス

細かく分かれているがこれ全種類集めるとなると食器棚に困る。そう考えるとワイングラスはさらに細分化される。ブドウの種類ごとにグラスの形状が違うからである。正直付き合ってられないので、気にしたら負けである。最悪の場合は大関ワンカップの空きカップで飲んでもいいのである。

 

とはいうものの一般的に白ワイン(ボルドー・ブルゴーニュ)、赤ワイン(ボルドー・ブルゴーニュ)、シャンパンフルートぐらいは使い分けたい。しかし、いろいろ試した結果、持ち方の時にもお伝えした通り、飲んで無くなるものに何ムキになってんだと、酒が進むにつれてどうでもよくなることから、全部ボルドーの赤ワイン用のグラスで事足りる。

おすすめのワイングラス

ということで食器にこだわってきた私は以前はワイングラスのおすすめは手ごろなところだとリーデルのオヴァチュアと提唱してきた。

 

憧れのワイングラスはロブマイヤーのバレリーナと提唱してきた。

 

しかし、ワインを飲む機会が増えて、飲んでしまえば消えるの法則に照らし合わせた結果、今おすすめしたいワイングラスはとてもお求めやすいうえに、とても使い勝手のいいシュピゲラウのグラスである。

 

ワイン初心者はとりあえずこれを買っておくといいだろう。割ってもあきらめがつく。くれぐれも結婚式の引き出物でもらったバカラのワイングラスを安ものワインで使わないように心掛けてほしい。

ワイングラスの洗い方

f:id:akira_kayou:20181126013414j:plain

金属製のカトラリーなどといっしょに洗わない

破損の原因になりやすいためである。できればワイングラスはすべての洗い物の前にワイングラスだけで洗浄することをおすすめする。

すすぎを入念にする

洗剤のアルカリ成分はくもりの原因になりやすい。触ってみて洗剤の感じがきれいになくなるまでしっかりすすぐこと。理想はミネラル分の低い軟水で洗うのがベストである。温度はぬるま湯程度のお湯で洗うのがベターである。

食洗器NG

言わなくてもわかっていると思うが食器洗浄機で洗うのはやめておいたほうがいい。破損しなくとも、過剰な水圧でガラスの劣化が早く進行してしまうため。

洗浄後は柔らかい布で水をふき取ることをおすすめする。水垢がついてからでは非常にとりにくいからである。ついてしまった水垢は酢で浸した布巾でふき取るとある程度取ることができるのである。

割れないワイングラス

そもそも割れるワイングラスを使っているから割れることにおける落胆を感じずにいられないのではないかと、根本的改善に乗り出す人も世の中には少なくない。
お花見のシーズンなんかに外でワインを飲むという変わった人もいる。最近ではグランピングと言うブルジョワなキャンプが存在することも踏まえ、割れないワイングラスも検討すべきではないかと言った状況である。

プラスチックワイングラス

ファンヴィーノのワイングラスはポリエチレン樹脂でできている。

 

非常に軽く硬いのでワイングラス感を感じることができるのであるが、荷物の底のほうに入れておくと重さでひびが入ることがある。荷物が少ない時だけおすすめである。

トライタン

ポリ系の柔らかい樹脂を利用しているワイングラス。

 

割れないのはもちろんのこと、軽いうえに透明感があることから、外ワインに最適と言っても過言ではない。

もっと気軽にワインを楽しむ

ワインに関しては大げさなしきたりみたいなものを感じている人もいるだろう。いや、大げさにすればするほどワインの世界観を堪能できるのも事実だ。ソムリエやワインアドバイザー、インポーターなどがこれを見るとおかんむりになってしまうかもしれないが、細かいことは気にせずに楽しく飲んだらいいんだよ。実際。

 

www.tokyo-hardboiled.xyz

www.tokyo-hardboiled.xyz