東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

メンタルケア

種が話のタネになる話

人生というものはほんの小さなことで変えることができてしまう。例えば一冊の本を読んで億万長者になった人もいる。ということで一粒の種だけで休日に癒しを手に入れることもできる。 私は職を転々としてきたが、履歴書の特技の欄に書くことがなさ過ぎてある…

ギャンブラーじゃない人は興味本位で競馬場にはいかないほうがいいかもな

今年は何かと個人的に馬に関する事柄が多いことはここだけの秘密であるが、馬並みの爪の長さとやや馬面気味なことでは関東近郊では比較的に有名な私であるからして、ここはひとつ競馬場と言うものに行ってみてもいいんではないかいと思い立ったので、記念に…

自分に向いていないバイトかどうかを判断する基準と、バイトをやめたい人に勇気を与えるエビソード

私はかれこれ27年ほど前になんとまさかの高校生だった頃がある。問題は高校を5年間通ったことなのだが、それはまた別の話である。その高校生の時にバイトを転々とした。何をやっても続かないことを嘆いたりもした時期もあるが、気が付いたら大人になり、案の…

ガンが奪っていくものと置いていくもの

先日、有名な歌舞伎役者が元タレントの妻をガンで亡くしたという報道を見た。テレビではワイドショーではなく報道番組で伝えられたらしいが、それほど世間的には印象的出来事だったと言うことだろう。長らく闘病していたことも、テレビをあまり見ない私でも…

しばらく成功体験がない人はゆるい検定を受けることで気晴らしするべきだ

以前に私は42歳にして漢字検定を受けようと画策したことをブログに入力したことがある。 www.tokyo-hardboiled.xyz その時の内容を要約すると2級を受けたが勉強不足で敢え無く不合格となったということを明らかにした。 実際、試験を受けた時の感じでも圧倒…

白と黒の境界 -男なら倒れるときは前のめり(脳貧血)-

大人になった今は金欠でインケツな状態が長らく続いている私であるが、かつて中学生になって初めての全校朝礼で私は貧血で倒れたことがある。 その後高校生になって一度、友人の家に泊りに行った際にも貧血で倒れたことがある。 そう、私は迷惑な人なのであ…

歯医者に行くじゃなくて歯科に行くというのが正解なのは知っているが、歯医者に行くと言う奴があとを絶たない

時間ができたら歯医者に行こうと思っているが、時間ができたとしても、虫歯で痛みがある状況でない限り、歯医者なんて面倒で後回しになってしまうなんてことが日常茶飯事である。したがって歯医者なんていつでもいいやとなりがちだが、そういう考えが後で後…

灰色の水曜日が好きだったことを雨の降る水曜日には必ず思い出す。

リスペクト・ザ・ナイト 嫌なことがあると、私はいまだに青春時代によく聞いた音楽を聴いて思いふける。その中でもARBの曲をよく聞いている。 一番好きな曲は「リスペクト・ザ・ナイト」である。

とにかくさ、主体性をもって生きるってことだよ

人生というのは長いからいろいろなことがあることは皆承知だと思うがそのいろいろなことに外見が変えられていく人もいれば人格自体が変わることも少なくない。

少々ふくよかな女に説教された日のことを「二人セゾン」のおかげで思い出した

二人セゾンをご存知だろうか。トイレに入れるヤツはセゾンではなくセボンである。 アース製薬 濃縮セボンAROMAフェアリークランベリーピンク替え 80g posted with カエレバ アース製薬 Amazonで探す 楽天市場で探す Yahooショッピングで探す 今回の話はセボ…

新年の挨拶をすることがなんだか嫌いなので仕事始めが憂鬱である

今日から仕事である。今私は会社で仕事するふりしてこのブログを入力している。それにしても仕事始めと言うのは面倒なものである。すでに正月三が日が終わっているにもかかわらず、年始の挨拶が飛び交う。 諦めが悪い。正月は終わったのだ。 明けましておめ…

マフラーなどの首に巻くものがあまり得意ではないことから始まる苦手話

冬場になるとディスポのマスクをするのだが、風邪を引いているのかと聞かれたり、余計な心配をかけてしまこともしばしば。しかし、マスクをしている理由は防寒のためである。それを伝えると口をそろえてマフラーをすればいいのにと言うのであるが、幼少のこ…

やらないことリストを作ろうとしたら七つの大罪みたいになった

なんか人のブログでも見て小ネタでも拝借させてもらおうと吟味したところ、やりたいことリスト的なものを見つけたのだが、やりたいことがそれほど見つからない私としては、今後やらないように心がけることを考えてみようと思った。今やっていることも止める…

若者のおせち離れと言うか、おせちが美味しいと思うなら年中食えばいいのに

年末が近づいてくる。 年末と言うとまさに年の末の12月31日を言うときもあるが 人によっては15日あたりから年末を指す時もあれば12月全体を年末とするときもある。

帰宅時の電車の車窓にうっすら反射して映る隣の人をガン見すると言う名の賭け

私は恐ろしいほどに定時に帰る。 定時に帰らない人の方が恥ずかしいと思わせるぐらいの勢いで 堂々と定時に帰る。 だからか知らないが、給料を下げられた。残念でならない。 だが、それでも定時に帰る。 ほかの社員には真似できない。

逃げるは恥だ。一つも役に立たん。だから初めから戦わないことを少しでも考えろ。

人生と言う物を一度きりとするならば、人間は間違いなく消耗品となるが、思った以上に消耗するスピードは遅い。 そう思っているうちは人生なんてものを正しく理解できていない可能性がある。

市営のジムでトレーニングするために逆に必要なメンタルの強化

スポーツジムへ行っている人などを見ると「意識高い系」と思い込んでいる人は多い。しかし、私のように意識が高いのではなく体調不良を改善するために行っている「健康維持系」の人の方が多いのではないかと考えている。 東京市部の市営ジムを調べてみる 武…

庶民中の庶民がオススメする東京都内の美味しい朝食カフェモーニングメニュー

最近は朝早く出かけて、出先で朝食を取ることが割と多くなっていてそんな場合はモーニングメニューを食べることが楽しみの一つになっている。しかし、庶民中の庶民なのでホテルバイキングやらモーニングビュッフェとかには行けない。 と言うことで庶民中の庶…

幼少の頃、芋掘りの時に迷子になってからちょっとおかしい

幼稚園の頃に行った芋掘りで迷子 それは遠足で芋を掘ると言うイベントがあった時のことだった。前日から浮き足立っていたことをなんとなく覚えているが、バスに乗ってそう遠くは無い場所での芋掘りだった気がする。良くある一般的な芋掘りだった気がするが、…

私にはボーナスが無いのにボーナス商戦を勝たねばならない理不尽さに嫌気

世間はボーナス所謂賞与を貰う人たちが、買い物などをするような時期に差し掛かった。これはいろんな商売人が刈入れ時になると言うことだ。しかし、私はボーナスが無い。もともと求人募集内容にはボーナス支給と言うことになっていたから面接をして、内定を…

飲み会の最後に居酒屋の入り口の前で輪になるような人生はクソ

忘年会シーズンとなった。忘年会の文字を紐解くと年を忘れる会と書くわけだが、そんな簡単に忘れるぐらいなら毎日忘日会を行いたい気もしないでもない。そう言った飲み会に参加することは最近は全く無いが、昔はご多分に漏れず忘年会に参加している時期があ…

コンビニのカウンターのコーヒーを買えない4つの意志薄弱的理由

なぜ、自力で購入できないのか 1.保守的思考原因説 2.コミュ障こじらせ説 3.缶コーヒーレベルアップ説 4.買い方を知らないことをばれたくない説 同様の事例 こうはなりたくないものになってきた なぜ、自力で購入できないのか 今やどこのコンビニでも売って…

42歳にして漢字検定を受けようと画策した絶対に負けられない戦いについて

人間と言うのは悩み迷い苦しんでいる時間が長くなるのは嫌なので、現実逃避を定期的に行うことをする生き物である。 動物や植物と大きく違うのは、これほど優れた文明を築いたにも関わらず、現実に向き合う能力が高すぎて逃げるということだ。しかもこの現実…

オルガンに対する謝罪と賠償を考える朝

朝、会社に行く途中にコンビニに寄ってソイジョイとコーヒーを買う。イヤホンをしながらそれらを持ってレジに向かうのだが、店員さんに失礼にならないように、イヤホンを外してレジへ行くようにしている。 コンビニレジにて 記憶の中のオルガン オルガンへの…

卒業文集の将来の夢がトラックの運転手だった奴が飛行機のパイロットになる確率は0に等しい

昨日の夜からブログに何か入力してやらんとして、 モニター前に座して筆を構えて「うむ」と、 文字列をひねり出そうとするものの何も出てこないなと、 マウスをカチカチと操作してはいろいろな人のブログを拝見してしまう。 今を見つめる意志薄弱 さて、自分…