東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

巻き爪を自分で治したいという5年越しの我が闘争


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20171009233054j:plain

巻き爪と言う状態をご存じであろうか。

爪が湾曲してしまう状態である。私もいつからか巻き爪になっていて、痛むことはなかったがなんとなく気になる状態であったのが、年を重ねることによってか時々痛いというか違和感と言うか、気になるような状態になった。それは30代後半からだったのであるが、いろいろ試した結果、現状も特に変化することはなく、今も巻き爪状態である。

巻き爪ごときで病院に行けるか!

f:id:akira_kayou:20171009234557j:plain

本格的なひどい巻き爪の人から見たらお前の巻き爪なんておしゃれ巻き爪、ファッション巻き爪、伊達巻き爪、下級巻き爪だなんてディスられても仕方がないほどのささやかな巻き爪であるが、割と長い期間この巻き爪と戦いっている私のもがき具合を垣間見せてみようかと思う。

病院に行く気はさらさらなかった。

1995年にウインドウズ95発売以来、赤子のベビーベットもヤフオクで購入するほどのネット依存メンタルの持ち主であるがために、なんとなくどんなことでもネットで済ますことが染みついたダメな私であるが、もともと病院へ行くことが好きじゃないため、何らかの疾患の治療すらネットで済ますことができればと、考えるのは容易な話である。

したがって巻き爪の治し方ももちろんたくさん調べ上げたのだ。

 

一応初めに調べたのは巻き爪治療の病院であるが、その治療法を見るとどうやら手術で爪を切ったり縫ったりと大変なことになるらしい。しかも、下手すればそんな大変なことになった挙句にまた元の巻き爪に戻る可能性もある。

やはり病院へ行くのはやめておこう。おっかないしめんどくさい。

と言うことで、持つべきものはグーグル先生と言うことでひたすらキーワードを入力する。仕事でSEO対策をするとき以上に真剣な作業である。

コットンパッキング Cotton packing

巻き爪の爪の間に綿を細かくちぎったものを丸めて挟み込んで巻き込んでいく爪を押し上げるような作用で治療するのがコットンパッキングである。

やり方はドクターショールのサイトに詳しく書いてある。

drscholl.jp

とても簡単なこの作業。肉に食い込んでくる巻き爪に対してのクッション効果もあり、痛みがあった人も応急処置としてはかなり効果的である。早速私も脱脂綿をamazonで購入してそれを細かくちぎってピンセットで爪の間にねじ込んでみた。

 

一日目はねじ込んだだけで靴下を履いて仕事に行って、夜に家に帰ってみたら靴下の中で脱脂綿だけがフリーダム状態。爪の間に仕込んだはずが、外れてかかとのあたりにまるまっているではないか。これは飛び出さないように脱脂綿を止めねばならないということで、テーピングテープで止めてみたりした。

テーピングをすることによって脱脂綿が飛び出さないという効果は得たものの、テーピングで足が蒸れて気持ち悪い。足に汗をかく感覚がいつもより強くなっている。そして何より正直めんどくさい。

3日ほどして効果がほとんど出ていない気がして辞めた。

そして、何より応急措置レベルであって根本的な解決になっていない気がするという実感を抑えることができなかった。もっといい方法はないのかとインターネットの海をパドリングすること数日。

次に見つけたのは削りだし法である。

爪を削る shave nails

巻き爪が治った

図解で解説しているので非常にわかりやすいサイトに出会った。

そもそもの湾曲している爪を削って弾力を弱くしてしまえば、巻いていかないんじゃないかという発想から生まれたこの技法。

早速私も試してみる。

足の親指の爪の湾曲している部分を爪やすりで削る。

削るときに使ったのはこういった感じのやすり

 

はじめはこんなので効果があるのかと思いつつも、あのサイトでは一年かかっていたので、根気よく進めなければならない作業であることも承知していたのだ。ゆっくり、いつかの水平線のようなまっすぐの爪を目指して、地道に削っていった。

10日ほどが過ぎたころ、案の定爪が割れた。
幸い割れたというよりも欠けた程度だったので痛みを生じるようなことはなかったのだが、あのサイトでも爪が割れてマニキュアで補強していたりと、何かとても手間もかかる。正直めんどくさい。

そして、あっさりとほかにいい方法がないのかと、またしてもネットサーフィンをすること早数時間、次に見つけたのはワイヤー法である。

ワイヤー法 Wire method

爪に形状記憶ワイヤーを通してその弾力で巻いている爪を強制するという方法である。さながら歯列矯正と同じ手法であることに関心を抱き、そのサイトを熟読した。

竿中とおる君で巻き爪治療!

そのネーミングで強烈なセンスを放つ「竿中とおる君」という名前。竿の中を通すためのもの以外ほかにないといわんばかりのネーミングのそのものをそれ以外に使う優越感まで与えてくれる。

 

簡単に説明するとまず、爪を伸ばします。そして、その爪のサイドに小さなドリルで穴をあけます。そして爪の幅ぐらいに切った竿中とおる君を穴に差し入れます。これで完成である。形状記憶ワイヤーの反発で巻いている爪が押し返される感覚があるので

あっ!効いてるぅぅーー

って思うくらいの今までにないインパクトに出会えるのだ。

私の場合は竿中とおる君がどこを探しても売り切れだったので楽天で形状記憶ワイヤーで検索して出てきたところで細いワイヤーを購入した。ドリルはミニ四駆の肉抜きで使ったことがあるのを思い出して、これも楽天でタミヤの精密ピンドリルを購入。早速試みることにした。

数日すると、まさに爪の反りが徐々に治ってきているのがわかる。ワイヤーを少し長く切ってしまったために足の親指のワイヤーが隣の人差し指を突いてしまい若干の流血騒ぎがあったが、ワイヤーを適切な長さに切り直したりの対応にて続行。

しかし、さらに数日後、なんとまたしてもドリルの穴を起点に爪が欠けてしまうというハプニングに見舞われた。

仕方がないのでいったん爪を切って、爪が伸びるのを待ち仕切り治すことにした。そんな爪の伸び待ちの最中、あの竿中とおる君サイトをくまなく見ているととんでもない記事がそのあとに続いていたのだ。

ケミカルパワーだパープルマジック Purple Magic

髪と同じたんぱく質である爪だからという理由で、なんとパーマ液を利用して巻き爪をどうにかしてやりたいという大胆な行動に出て、挙句にパーマ液の上位互換的存在の車のアルミホイル洗浄液こと「パープルマジック」と言う謎の液体にたどり着いている。

 

流れとしてはティッシュなどを細かく切って、そこにパープルマジックを浸して、そのティッシュで爪をコーティングして柔らかくする。そして竿中矯正をかければ柔らかくなった爪がまっすぐな状態で強制されていくと言う「化学」を見事に融合させた矯正術なのだ。

経過観察2009年04月

f:id:akira_kayou:20171009234454j:plain

早速私も近所のホームセンターへ走った。カー用品売り場で血眼になって探したその紫色のパッケージは意外とすぐに見つかった。

なるほど、評判通りの効果で爪が柔らかくなる。風呂上がりよりもさらに柔らかくなる感じだ。

そして、これはもしかしてと思い編み出したのがダブルクリップで爪を挟んでしまうという方法である。

f:id:akira_kayou:20171009234435j:plain

柔らかくなった爪を事務文具でおなじみのあの黒いダブルクリップで挟んでみたのだ。すると10分後に見ると

完全に水平 Complete horizontal

f:id:akira_kayou:20171009234647j:plain

という恐ろしい矯正結果が出た。爪の湾曲が完全になくなるのである。へらみたいな形になった爪を見ながら、これは逆にやばいと感じながらもあまりに面白くて数日続けてみた。

1週間もしたころ、見た目は完全に巻き爪ではなくなりだしたし、痛みなどもなくなったので、数か月放置した。

簡単に言うと気にならなくなったということである。

それからも爪をあまり丸く切らないようにして、深爪しないようにすると、若干巻いてはいるがほとんど気にならないぐらいになった。

matome.naver.jp

これは治ったといってもいいのではないかという状態になり、月日は過ぎていった。

再会 Reunion

あれからすでに5年は経っただろうか。今まさに私は痛みこそないが巻き爪が気になり始めている。昨年の足の骨折から足を気にすることが増えたせいかもしれない。

そして、数年の時を経てネットで巻き爪関連キーワードを検索すると、時代は進化していた。

xn--w8j388kyij7if0tf.com

このサイトによると、新たなる矯正器具

「巻き爪ロボ」

 

そして
「巻き爪ブロック」

 

などが生まれていた。これはとても効きそうである。

 

ほかにもテーピング法とか

keserasera.jp

Youtubeなどにも巻き爪関連の動画が増えている。あんなに探し回った形状記憶ワイヤーもたくさん売っている。竿中とおる君もアマゾンでたくさん売っている。巻き爪情報だってキュレーションサイトのおかげで以前に比べて格段に増えた。

しかし、私は再びあのパープルマジックとダブルクリップという最強のタッグチームにまた力を借りることにした。

やはり効果絶大である。

ということで、この先の人生は5年に1度はパープルマジックと言う定例行事が行われる可能性が濃厚であるが、巻き爪で悩んでいる人は代謝が落ちる高齢者になるまではいろいろな方法で持ちこたえるしかなかろう。

我々の戦いはこれからだ!

matome.naver.jp

 

 

www.tokyo-hardboiled.xyz

www.tokyo-hardboiled.xyz