東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

そう言えば映画「銀魂」を観に行ったんだった


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170812141526j:plain

最近は割と出かけることが多くなってきている。中でも映画に行くことが増えた。映画と言ってもなぜか邦画を見る率が高くなってきている中で、ご多分に漏れず映画を観に行ったわけだ。早朝に新宿へ向かい、ぶらぶらとバルト9へ急ぐ。

f:id:akira_kayou:20170812143506j:plain

実写化映画を見る気構え

今回見ることにした映画は、漫画原作のアニメにもなった人気の作品を、最近話題の某監督が、活躍中の豪華俳優勢揃いで実写化したもの。

銀魂である。

wwws.warnerbros.co.jp


公開されてから、割と時間が経ってしまっているのでブログやらですでに感想を述べたり、ネタバレしていたりというのも目の当たりにしてきたが、私も感想を述べてみたいでもない気分なのでお伝えしたい。


細かい話は後述するとして率直な感想としては面白かった。

だが、しかし、印象に残らない。

といった感想である。

 

福田監督作品

私はもともとこの作品の監督の福田雄一氏のドラマや映画が好きだ。
この間日テレでやっていた「スーパーサラリーマン左江内氏」も楽しく拝見したし、ニーチェ先生、勇者ヨシヒコシリーズももちろん拝見している。今回の映画もここは一つ見ておかなければなるまいといった感じで観に行ったのである。

www.tv-tokyo.co.jp

ワクワクしながら上映を待つも、映画館は何やら中高生でいっぱいである。何かが違う感じがする。何かが違う感じがする。中高生にあのおやじギャグや一部マニアにしかわからないあるあるネタが完全に理解できているかが甚だ疑問なのである。

明らかにドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」の視聴者層のライトでにわかなキッズたちが増えているのである。

 

33分間探偵やアオイホノオを決して知らないキッズたちを横目に居心地の悪さを感じながらの上映待ちの時間となった。

www.tokyo-hardboiled.xyz

 

映画が始まると暴騰から、キッズたちがあまり理解できそうにないパロディが満載だ。カウントダウンTVのCGでの内容は若者に迎合した内容に見せかけた「グラブってる?」だとかそういうやり取りがあったものの、中年男性にしかわからない流れもないこともなかった。

細かいことは割愛するとして、映画が終了したときの感じは女子ーズや変態仮面と同じだ。特に感動はしないし、面白くないわけじゃないが、設定だけで持っていくパターンの相変わらずなやつなのである。

文句が言いたいわけでもないし、絶賛するわけでもない

ただひたすら”映画見た”という事実が生まれるだけなのである。

一見、演劇のノリで大人計画みたいな空気感であるが、宮藤官九郎の脚本ような意外と深い伏線回収型ストーリー展開や急に世界観の違う場面転換のような演出が全くない。

どこにでもあるようなストーリー展開で、ヒーローがそこそこ活躍し、悪を倒して終わる。したがって銀魂や変態仮面のような”すでに設定がオチ”状態のものでないと面白くないのである。

 

もしくは女子ーズのように、設定がすでにコスられまくっている戦隊もの設定などで、正社員のレッドとバイトのイエローの社会階級においての味方内バトルなどを持ってくるほかなくなるのである。

したがって、まったく感動しないのにそれでいて割と面白いが、爆笑するほどでもないのだけど、また見てしまうと言う謎の秀作なのである。

今回の銀魂に関しては原作の漫画やアニメが存在するので、原作ファンからすると何らかの別の感想があるかとは思うが、原作をまるで知らない私からするとそういった感想となる。

実写化の雄、小栗旬

主演の小栗氏の演技は相変わらずのぎりぎりのラインをキープしていると感じた。ルパン三世の実写の際にも感じた”行き過ぎないレベルのデフォルメ”と”モノマネとしてはクオリティが低い”と言う絶妙な演技をするため、ルパンなのか小栗なのかの次元ではなく
(ここでの次元は次元大介のことではなく、三次元とか二次元のことである)
ストーリーから外れない程度のルパンなのである。問題があるとしたら綾野剛の五右エ門である。

www.tokyo-hardboiled.xyz

 

今回の銀時の演技はルパンの時よりも荒川アンダーザブリッジの時のカッパに近い演技であったが、かっこいいけど印象に残らないのである。

総合的に見て橋本環奈の一人勝ちであり、ムロツヨシ氏と佐藤二朗氏の次の活躍に期待したいといった感が否めない。

ということで、この先実写化上映が決まっているジョジョの奇妙な冒険と鋼の錬金術師が、この銀魂実写化を受けてどうなっていくかが見ものである。

 

それにしても、この映画だれが見るんだと思うような映画が増えたな。

f:id:akira_kayou:20170812143618j:plain

 

www.tokyo-hardboiled.xyz