東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

この時期、建物の外で働いている人は「ものすごく偉い」ことを私は知っているつもり


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170717004218j:plain

毎日暑い。だからこそ今エアコンのついている屋内で働ける自分がラッキーな存在であると感じるのである。

外で仕事している人はとても偉い。

 

今からかれこれ28年前に遡って、中学校を卒業したての15歳の時。高校入学前の春休みに友人田中に誘われて造園業の仕事をした。日給6,000円で大阪花の博覧会と言う万博会場の植え込みにひたすらパンジーを植える作業があるから、暇つぶしに行ってみないかと誘われた。

たかが造園業、されど造園業

一瞬そんな罰ゲームみたいな作業をだれがやるんじゃボケと言いたいところをグッとこらえて、目先の6,000円をぼんやりと考えつつ、万博に興味があったので、その仕事に行くことにした。

仕事は3日間あるとのことで、通算18,000円が稼げる。高校生になる前の私からするといい金額になるので、不安ではあったが楽しみであった。

当時はその年齢の人間がその仕事をすることが法的に問題がなかったかと言うと詳しいことは知らない。今も、知らん。

中学生のアルバイトは労基法違反ですから - リンクス社労士事務所

 

早朝5時、造園業の朝は早い。私と友人3人は見知らぬおじさんが運転する煙草臭いボックスバンに揺られて、朝焼けの街を急いだ。高速に乗ったり下りたりしながら割といろんなところに寄り道して道具やら資材やらを調達しながら現場へ向かう。

 

何時間かが過ぎた頃、車内には大阪ローカルのラジオ番組が流れていた。ありがとうと連呼するそのラジオパーソナリティーが最近公開された映画の解説を始めた頃に、車は現地へ辿り着いた。

www.mbs1179.com

 

そこで降ろされたのは一緒に行っていた友達3人だけで私は違う現場があるということで、一人でおじさんと10分ほど車で走ったところにある現場へ向かった。

なぜ、私だけ。

和気藹々と友達とパンジーを植えることを考えていた私は、完全に予定が狂っていた。

機械を使いこなすプロっぽさを満悦

見知らぬ幹線道路沿いに降ろされた私は、見たこともない機械を持たされ、生け垣の散髪をすると言う説明をされただけであとは真似しろと言わんばかりに放置された。

その機械はバリカンと呼ばれている機械で正式名称はヘッジトリマと言うものらしい。

 


生け垣の枝を切り、すっきりさせて角刈りみたいにする仕事なのである。つつじとか柊とかのあの生垣と言うか、街路樹と言うか、植え込みのあれ。

 

機械は意外と操作は簡単でセルスイッチを押してエンジンを動かして、その動力でノコギリみたいな部分を動かす。そして生け垣を買い込んでいくのだが、振動がすごい。音もすごい。ときどきガソリンを足すわけで。

 

10分ほど作業をして、機械を止めたら腕のプルプルと耳鳴りで何も聞こえない状態の恐ろしさに、

こんなのを一日中やったら死ぬる

と、マジカンベン的な泣き状態に入っていた。


しかし、慣れと言うのは恐ろしいもので、時間が進むにつれてなんだか楽しくなってきた。そして、1時間が過ぎるころにはおじさんに褒められるほどの上達を見せていたが、おじさんが具体的にどうほめてくれたのかは、耳がほとんど聞こえなくなっていたので知らない。

お昼休憩

12時になっておじさんが買ってきたホカ弁を道端に座り込んで食べた。箸を持つ手がプルプルと震えてあまり上手に食べれなかったのだが、大嫌いな梅干しを上手にご飯の上から排除することには成功した。


弁当を食べた後はおじさんとまた車に乗って20分ほど移動したところにある工事現場観たいなところに着いた。車の荷台から砂の詰まった袋を幾分か降ろして、運動場を鳴らすトンボみたいなものと竹ぼうきも一緒に降ろす。

隙間専業

午後からの仕事は床石を新しく引いた場所の床石の隙間に砂を詰める仕事である。地味そして地味な仕事だ。

そして、今回おじさんは私を残してくるまでどこかへ行ってしまった。一人黙々と石と石の間に砂を詰める。今頃友達のみんなは楽しくゲーム感覚で一人がどれくらい植えたとかどうとか言いながら最終的には6,000円ゲットしたりしているのかもしれない。

 

なんか、のどが渇いて来たけど自販機もないし、水道もないしと最悪さ加減を噛みしめながらひたすら砂を巻いてトンボで馴らし、竹ぼうきで掃いてと言う繰り返しを行う。

何時間か経った頃、おじさんはバニラアイスを手に持っちゃってやってきて、休憩をしろと促すのだが、

こんな時はバニラじゃなくて氷菓系だろがよ!

と言うこちらの気持ちも裏腹におじさんはうまそうにバニラを食い始める。

 

やはり食い終わった後に若干のどが渇く感じが否めないが、美味しくアイスを食べて、そこからはおじさんとひたすら砂を隙間に詰める作業をしていた。床石を見続けているとだんだんゲシュタルト崩壊がはじまる。目がおかしくなるのだ。

おそらく夕方5時くらいになっていただろうか、おじさんが帰ろうと促してきたので、車に道具を積み込んだ。

黄昏時に帰宅

車で20分ほど走った場所で朝一緒に乗り込んだ友達たちと合流。案の定楽しく和気藹々とパンジーを植えた話をしこたまされて、げんなりしていたのだが、バリカンを扱うことのできるスキルと、孤独に耐えて業務を遂行するという責任感とをゲットしたことから、帰りの車の中では一人で満足感を楽しんだ。

 

翌日と翌々日もその仕事に行ったのだが、最後まで私だけ一人でいろんなところに連れまわされた。

その時からなんとなく気が付いてはいたのだが

単独利用されることがなぜか多い。

と言う役回りになっている。その後の人生も

なぜ、私だけ?

と感じる状況にかなりの頻度で陥ることがしばしば。それはまた別の話。

数日後、手渡しで田中から18,000円を受け取った。その金を何に使ったかはもう覚えていないが、仕事をして金をもらうという初めての体験だったことは鮮明に記憶している。

 

そこからまさか30種以上の仕事を経験する

 

と言うことは、まだ本人も知らない。

経験だけなら鬼の所業 

ちなみにこの後、齢40代になるまでに経験する仕事をいかに記しておく。

・関西編
居酒屋バイト、ビアガーデンバイト、自転車部品工場バイト、配送センターバイト、レンタルビデオ店バイト、ステーキレストランウエイターバイト、防水屋、ヤマザキデイリーストアバイト、鞄専門店店員、玩具専門店店員、ジュースを補充する人、レンタルビデオ店バイト2回目、オフィス用品営業、家電量販店店員

・関東編
リサイクル書店店長、賃貸不動産営業、ネットカフェスーパーバイザー

登録型派遣バイト
化粧品試供品箱詰め工場、ペットボトル工場、ビール工場、紙コップ工場

東京編
出会い系サクラバイト、自転車ネット通販、クレカ事務センターバイト、電動自転車販売員、自動車保険コールセンター、宴会場皿洗い、食器ネット通販、パソコンインストラクター、ウイルス対策ソフト営業事務、リサイクルショップ店員

上記仕事に関してはそれぞれそのうち記事にしたいと考えている。

おわり

 

www.tokyo-hardboiled.xyz

www.tokyo-hardboiled.xyz