東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

Yahooショッピングがステマしていた。( ´_ゝ`)フーン


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170702233230j:plain

あの大手ネットショッピングサイトであるYahooショッピングがなんと、ステマしていたらしい。

楽天とアマゾンでしか買物しない人にはどうでも良すぎる報道を見たのであるが、この報道を私が知ったのは、ヤフーショッピングの出品者管理画面こと、ストアクリエイターproにログインした時だった。

問題はそんな報道があったからと言って、それほどなんか大きいことのように感じないというYahooショッピングの存在感の無さに困惑する。

まぁ、世の中で目にするものは大体広告

 それにしても今更感が強いと感じるのは私がここ10年ぐらいYahooショッピングと仕事でからんできたからである。

ネットショップ運営担当と言う仕事をしている私からすれば、今更何を言っているのかと言う気持ちのしないでもない。

www.asahi.com

大手通販サイト「ヤフーショッピング」が、出店者が広告料を多く払う商品を検索結果の「おすすめ順」の上位にくるように優遇しながら、「広告」と表示していないことがわかった。割高な商品が上位にくることもあるが、利用者にはどの商品が広告料によって上位にきているのか見分けがつかない。専門家からは「消費者の判断を誤らせ、問題だ」との指摘が出ている。

yahooショッピングの広告

何種類かの広告があるのであるが、今回問題になっているのはPRオプションと言うYahooショッピング検索の順位を上げる要素を金で買えると言う、出だしから販促気味の広告なのである。

しかもこのPRオプションを利用できるにはそれなりの実績がないと使えない。なので

売れている店がより売れ、雑魚なYahooストアは管理画面上でお目にかかることもできないシステムなのである。

 

雑魚ストアの管理画面

f:id:akira_kayou:20170702233541j:plain


そこそこ売っている店の管理画面

f:id:akira_kayou:20170702233601j:plain


その基準はよくわからないがYahooが勝手に決めているようである。

しかこのPRオプションは今までの広告に比べると圧倒的に売上アップの効果が高い。そりゃ、検索上位に来たら強いのだ。

そもそもステマなのか?

検索サイトの検索順位が金で買えたらそれはなんかやばい気がするのであるが、ショッピングサイトの検索順位が広告であってもおかしくはなくないか?

と考えることもできる気がしてしまうのは、私が個人的にネットショップ関係の仕事に長くつかりすぎたせいかもしれないが、なんとなくいいんじゃないかと思うのである。

物販サイトの情報なんて全部広告ととらえるべきだ。

しかし、ユーザー視点で考えるとそうではないらしい。

news.yahoo.co.jp

楽天やamazonで買い物すればいい

と言うわけでYahooショッピングはいかさまだから楽天やアマゾンで買い物すればいい。

と思いがちだがamazonも最近は怪しい。

www.yomiuri.co.jp

と言うことで楽天が一番マシと言う恐るべき結果となったのである。

6月の楽天スーパーセール

先月は楽天スーパーセールだったのだが、明らかに広告費も減りイベントへの力の入り方もそれほどでもなくなった。

しかし、スーパーセールはたくさん売れる。

売る側としてはありがたいことだが、あんなことやるから運送業者がピーク時の人員のコントロールができずに過剰労働などの問題が出てしまい、送料値上げと言う自業自得に陥っているのはネット通販業者はあんまりわかっていない。

自ら墓穴を掘るのである。

んで、Yahooショッピングはどうなるの

現在、私はYahooショッピングは本業で2店舗運営して、個人で受けている仕事で1店舗のコンサルティングをしているのだが、Yahooショッピングは今回の件で特に何かする気はなさそうな反応であるが、火消しの速さが見事すぎて、この調子で頑張れと思っていたいいなかったり。

しかし、Yahooショッピング、もっと売れてもいいのに。
ソフトバンクユーザーTポイント10倍っていうのも、そろそろ効果薄れてきたのだ。

革命から時間がたち、爆速もそろそろ終わりか。