東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

しばらく成功体験がない人はゆるい検定を受けることで気晴らしするべきだ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170509224137j:plain

以前に私は42歳にして漢字検定を受けようと画策したことをブログに入力したことがある。

www.tokyo-hardboiled.xyz

その時の内容を要約すると2級を受けたが勉強不足で敢え無く不合格となったということを明らかにした。

実際、試験を受けた時の感じでも圧倒的に不合格だろうなと言う感じであった。四字熟語とかは普段使わないようなものが出てきたらお手上げなのである。

しかし、漢検を受ける目的は「なんでもいいから成功体験」を前提にして行われた儀式であるため、失敗体験のまま終わるわけにはいかない。

社会人の漢検の申し込み方

リベンジである。

いや、正式にはリベンジではない。
なぜなら私は妥協して今回は2級ではなく3級を受けたからだ。
何と言われようと今回は本当に負けられない戦いである。絶対に合格しないと精神的にもそれはそれでやばいのである。

と言うことで3級のテキストを購入し2級の時よりも念入りに勉強したのである。

今回ももちろん受験申し込みはインターネットで簡単に申し込んだ。

www.kanken.or.jp

日本漢字能力検定のサイトの申し込みページへ行くと支払方法が出てくるので画面に従って進んでいく。

f:id:akira_kayou:20170509224314j:plain

私はクレジット決済で申し込んだ。3級は2,500円である。

2,500円で非日常的な時間を楽しめると考えるととても安い娯楽である。

お支払い方法の選択

受験日の1週間ぐらい前にに受験票が郵送で送られてくる。2級の時はその受験票に写真を貼らないといけないのであるが、3級は写真は不要だった。

漢検3級は中学生レベル

2級のテキストを開いた時は、これは反復練習的に漢字を書かないとやばいなと思ったが、3級のテキストを見ると、意外と簡単な感じだらけだったので、かなりほっとした。

 

週に3回ほどの簡単な勉強で行けそうな気がしたが、今回は負けられない戦いなので念のためにスマホアプリで、またしても勉強する。

漢字検定・漢検漢字トレーニング

漢字検定・漢検漢字トレーニング

  • Gakko Net Inc.
  • 教育
  • 無料

 

試験当日

f:id:akira_kayou:20170509224635j:plain

申し込んでから3カ月が過ぎて早速試験日が来た。今回も試験場所は2級の時と同じ某大学の教室である。まるで秘密組織の研究所のような巨大な校舎を持つ大学へそそくさと入っていく。

3級の受験は2級の時よりも学生が圧倒的な数だった。社会人っぽい人もいたのであるが、50代以上の方が多かった。やはり社会人たるもの2級を目指すのがベターなようだ。

そして試験が始まる。

あっという間に全問解いた。嘘みたいに簡単である。こんなことならはじめから3級を受ければよかったと思うぐらいに簡単だった。

周りの答案用紙に書く音が意外といつまでも続いていたのが不思議なくらいに簡単だった。

2級の時のような圧倒的な敗北感とは真逆の圧倒的な爽快感を手に入れて試験会場を後にした。

合格通知

一か月ほど過ぎたころに郵送で合格通知が届いた。合格証と一緒に回答表などが入っていたが、とりあえず合格さえすればそれでいい。

ここで野心を出してまた2級を受けようなどと思うような私ではない。また受けて不合格になるくらいなら、どうせ何の役にも立たない漢検など合格した気持ちいい状態で終わっておくことに越したことはない。

と言うことで私は漢検3級に合格した。

会社と自宅の往復で休日も特に趣味もないというサラリーマンも方。休日に自宅にいると家族から煙たがられるお父さん。そんな方にお勧めのちょっとした娯楽として、簡単な資格を受験するということをおすすめしたい。