東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

テーブルウェアフェスティバル2017に行ってきた話のつづき


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170130194852j:plain

さて、前回のブログで題材にしたテーブルウェアフェスティバルであるが
めんどくさくなったら続きを書かなくてもいいように最後に

「づつく」

と入力しておいた。

www.tokyo-hardboiled.xyz

 一見「つづく」のかと思わせといて「づつく」というわけのわからん文字にして

めんどくさくなったら別の記事を入力する気だったのだが、
そういうわけにもいかないぐらいアクセス数が伸びてしまったので
続きを入力する。

ロブマイヤーのバレリーナ

f:id:akira_kayou:20170130194948j:plain

今回試飲したグラスをもう少し掘り下げるとしよう。
ロブマイヤーはオーストリアのガラス工芸メーカー。
オーストリアというとリーデルが有名であるが、リーデルが普段使いなら
ロブマイヤーは記念日使いといった使い方になるレベルでの価値の違いがあるが
リーデルもワイン愛好家好んで使うグラスなのでおすすめ。

 ワインでおなじみのエノテカちゃんでも売っているロブマイヤー

www.enoteca.co.jp

エノテカのワインとロブマイヤーがなんとなく理解できる組み合わせである。

原田知世は何をやってもブレンディ

f:id:akira_kayou:20170130195105j:plain

大変な人の中をふらふらと見回っていると、
原田知世さんのテーブルコーディネートを発見した。
原田知世さんをご存じであろうか。


原田知世×欅坂46~時をかける少女


あの角川映画で鮮烈なデビューを果たした女優である。
その原田さんのテーブルを眺めていると、
私の後方にOLらしきアラフォー風味の強い女性二人組が来た。


「あ、原田知世!ブレンディーっぽいっつ」

「あ、ほんとだ!ブレンディーっつぽい」

 


AGF ブレンディ「水まき」原田知世

ということでこんなに素敵なナチュラルテイストのテーブルコーディネートを

ブレンディーっぽいで片付けられてしまう原田知世さんが不憫でならない。

しかし、残念ながら私も密かにブレンディーぽいと思った。

 


tomoyo harada 「Romance」

ここでどうでもいい情報であるが

珈琲ギフトのAGFの「AGF」って何の略かというと、

味の素ゼネラルフーズなのである。とてもどうでもいい情報である。

さらにどうでもいい情報であるが、原田知世さんのお姉さんの原田貴和子さんの

彼のオートバイ彼女の島という曲は名曲である。


原田貴和子/彼のオートバイ・彼女の島

昭和臭半端ねぇ。

全体を見まわしていくと疲れる

f:id:akira_kayou:20170130195745j:plain

とにかくぶらぶらと疲れるのも忘れて見回っていくと
こんなゴージャスなテーブルがあったりした。


とても人が多いのであるが、歩いている人を見てみると
薄手のベージュのキルティングのジャンパーを着ている感じの年配の婦人が
何故かとても多いと感じた。
キルティングを最も愛してやまない世代はきっと食器にもこだわりがある。

しかし、テーブルウェアフェスティバルという名前だけに
もっと、プロっぽい人とかが多いのかと思ったら
意外なほどに北海道物産展と何ら変わらない

f:id:akira_kayou:20170130195807j:plain

ビックサイトのギフトショーを想像していたために
少し理想と違うことに気が付いたが、これはこれで楽しい。

来年も行きたいと思う。
一年後もまたブログをやっていたら報告したい。

2月6日まで開催しているので
暇な奥様はぜひとも水道橋、もしくは地下鉄で後楽園へ向かっていただきたい。

 詳しくはこちら

東京ドームシティ|テーブルウェア・フェスティバル2017~暮らしを彩る器展~

 

www.tokyo-hardboiled.xyz