東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

マフラーなどの首に巻くものがあまり得意ではないことから始まる苦手話


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20170103182959j:plain

冬場になるとディスポのマスクをするのだが、風邪を引いているのかと聞かれたり、余計な心配をかけてしまこともしばしば。しかし、マスクをしている理由は防寒のためである。それを伝えると口をそろえてマフラーをすればいいのにと言うのであるが、幼少のころからマフラーが苦手なのである。 

 

何故マフラーが苦手なのか

自分ではわからないが、首回りに何かがあるのが苦手だった。ネックレスなどもあまり得意ではなく、タートルネックのセーターはもちろんダメで、できるだけVネックを着るようにしていた。そのうち大人になりスーツを着るようになってもネクタイがあまり得意じゃなかったのだが、そんなこと言っていたらできる職業が限られるので、違和感を感じたままネクタイをしていたらそのうち慣れた。慣れたころにネックレスをしてみたら、これも気にならなくなった。今ではすっかり平気になっている。これは年齢を経て感覚が鈍くなっている所為なのかもしれん。
 
なんとなくだが、前世で絞首刑だったのかな。

デカいの怖い

そのほかにも巨大建造物恐怖症がある。とにかく大仏だとか銅像だとかの人工物や建物などでも窓が無いもの(サイロやガスタンク)がとても怖い。高層ビルなどの人の出入りが見える建物にはそんなことは思わないのだが、こつ然と現れる巨大な建物などには、脱糞しそうなぐらいの怖さを感じるのだ。
 
私の場合はペディフォビアに属するようである。
 
最近はそれも何とか克服しそうだった。東京タワーも大丈夫だったのに、上野でスカイツリーが見えた時になんだか怖いなぁと感じた。まだまだ克服できていない。

梅干しとトマトと納豆と福神漬

食べ物で苦手なものもたくさんある。梅干しは匂いを嗅ぐだけでもダメだ。よく出先で幕の内弁当などが振る舞われる際に、蓋をあけるとげんなりすることもしばしば。丁寧に梅干しを取り除き、梅干しで汚染され、赤く染まったご飯も除去してから仕切りなおして食事をする。
トマトは食べれるのだけれど、美味しいと思ったことは一度もない。真ん中部分の風邪ひいて2日目の鼻水みたいな感触がたまらなく苦手。ケチャップやトマトソースは勢いで食べることが多い。
 
納豆は関西人だったせいか親が嫌いだったせいなのか、食べたことがあまりない。数回食べた印象は美味しいものではないと思う。それ以前に匂いがダメ過ぎて口に運ぶのがなかなかハードルが高い。
 
福神漬けが盛られているせいで大好きなカレーを食べなかったことは数知れず。どんなにカレーが好きでも福神漬けが乗っけられた時点でそれは福神漬けに汚染された生ごみと化す。

理由があって苦手なもの

満員電車

人生の中で一番無駄な時間は移動時間だと思っている私だからこそ、そんな無駄な時間を満員電車の中で過ごすのは苦痛以外の何物でもない。とにかくあれは地獄だ。小池都知事の「満員電車をなくす」という発言は強烈に響いた。
 
満員電車を無くす方法があるんだったら早くやった方が良い。女性専用とか優先席とかで揉めるぐらいなんだから、もっと根本的な解決を目指した方がいい。

注射や点滴

体内に針が刺さるのを見ていられない。大人なのに健康診断での採血で白目を剥いているのを看護士さんに笑われると言う失態を何度も犯す。点滴も体内に刺さっている状態を見ると体を動かしたら大変な気がしてガチガチに緊張する。
 
こうやって見ると苦手なものがたくさんある。しかし、一生苦手で構わないと思っている。もうここまで来たらできるだけ対峙しないように生きていければいいかなぁぐらいに苦手。

 

苦手な人が気にならなくなる本

苦手な人が気にならなくなる本

 

 

似たような記事

www.tokyo-hardboiled.xyz

 

気持ち悪い記事

www.tokyo-hardboiled.xyz