東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

干支のことを考えると自然と湧き上がる日本のヒップホップの素晴らしさ


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20161220103150j:plain

干支あるある

この時期になると時期的な関係もあり、来年の干支はなんだっけと言う問いかけを
受け付けることがある。

その際に口ずさむあの歌を皆知っているはずである。

  • ねーうしとらうー
  • たつみーうまひつじ
  • さるとりいぬいー

唄と言うよりは節をつけて干支を読むような感じだ。

まぁこれを見て来年の干支はとりだと言うことは明白なのだが、それ以前に気になる問題が浮上する。誰しもが気になっているはずだ。

二行目の「たつみーうまひつじ」の語感の悪さ。
これは明らかに原因はひつじなのだ。

まぁ、それはどこでも語られてしかるべきことなのだが、今回はそれは大前提としてどうすればすっきりするのかを考えてみた。同じことが考えられていないかとネット界隈をまさぐってみると、なんと、いたるところでこの違和感について話されていたが
有効な解決策は見当たらなかった。

したがって、私なりに頭をひねった結果、HIPHOP記法に法って考えると


ウサギを「うー」と言ってしまっているのであるから、ヒツジを「ひー」と言うべきなのである。

  • ねーうしとらうー
  • たつみーうまひー
  • さるとりいぬいー

なんと、しっくりきすぎて逆に名文に感じてくるではないか。
HIPHOP記法をさらにそれらしくするために修飾してみる。

 

YO!YOYO HEY 羊羊!羊! HEY

オレらネンマツになったからいつも
バカなアタマ使ってかんがえる!

次のエトってイッタイなんだけ
考えようか一回Night And Day

ねーうしとらうー

たつみーうまひー

さるとりいぬいー

チェケ!チェケチェケラー

  

と言う感じで如何にもヒップホップっぽいリリックが生まれる。

KREVAあたりが私とコラボを狙ってくる可能性が否めない仕上がりだ。
と言うわけで、ひつじを今後は「ひー」と言ってもいいんではないかと、各方面に提案する方向で年末の予定をリスケしてコミットするわけだ。

現代ヒップホップとその系譜

それにしてもヒップホップと言う物はいつの間にか浸透していた。
それは遡れば日本のヒップホップは、吉幾三氏などの名が出てきたりもする。

 

俺ら東京さ行ぐだ

俺ら東京さ行ぐだ

  • 吉幾三
  • 演歌
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

そう言う感じの遡りで考えると、スチャダラとかの90年代ヒップホップを外せないところだ。

 

今夜はブギー・バック smooth rap

今夜はブギー・バック smooth rap

  • スチャダラパー featuring 小沢健二
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

しかし、現在一般的になりつつある

J-POPの途中に中途半端に潜り込ませるヒップホップ

2000年代に入ってから確立されたそんな文化な気がしてくるのである。
こんなヒップホップ文化を当時助長したのは、音楽ではなくヒップホップ落書きの刑に処されたガソリンスタンドである。

ヒップホップ落書きの刑

1990年代後半から不況に喘いだガソリンスタンドは、その身を自ら貶めるためにどんどんセルフスタンドへと進化していった。

しかし、フルサービス重視と頑なにセルフ化を拒んだガソリンスタンドは、必死にオイル交換と水抜き剤を進めたが、時代の流れに流され、じりじりとジリ貧に陥り、そのまま閉店してしまうと言う不甲斐ない結果となってしまったのだ。


セルフに身を落とさなかった誇り高きガソリンスタンドは自ら墓穴を掘ったのだが、そんな潔く散っていったガソリンスタンド跡地には、ギャングスタたちがリスペクトを込めてグラフィティを書き記すのである。

f:id:akira_kayou:20161220104524j:plain

こういうやつ。芸術なのかなんなのかわからないが、とにかくすごい自信である。

そんなヒップホップによって作り上げられた漲るヴィジュアル。

日本にもヒップホップが浸透した一端を担ったはずなのだ。

リリック、ライム、フロウ、ヴィジュアル

すべてが整った2000年代前半に日本はようやく、ヒップホップの輪郭を手にしたのかもしれない。

www.ongakuenjoy.com

そんな背景を考えると干支を思い出すと言う作業だけでも
12アニマルマジリスペクトなのである。

と言うことでできるだけ今後は「ひー」でお願いしたい次第である。
メリーさんのひー、ひー達の沈黙、ひー肉、迷える子ひー


なんとなく、これは間違っているな。まぁいいか。

と言うことで、くれぐれも言っておきたい来年はひつじ年ではなく

酉年である。

 

 記念に読んでみて↓

akira-kayou.hatenablog.com