東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

ブックカバーをしてくれなくなったら、もう本屋には用は無い


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

f:id:akira_kayou:20161213105448j:plain

仕事の休憩時間にたまには外に出てうろうろしてみるかと、駅ビルの書店へ行くことにした。大体の場合どこかへ行こうかと考えると本屋になるのは私だけなのだろうか。

読みたい本があったのだが、それはそれで買うか買うまいか悩んでいた。amazonで注文するか、本屋でちょっと立ち読みするかと本を買う前は結構本気で迷う。今回迷っている本は非常に迷っている。

 

会議でスマートに見せる100の方法

会議でスマートに見せる100の方法

 

誰かのブログで紹介されていたのだが、これはなかなかの内容のようだ。一見ビジネス本に見えるがそうではないらしい。ジョークエッセイ的な内容とのことで、一度中を見ようと書店へ向かった。

面白すぎる本もいかがなものか

書店へついて中身をペラペラと捲ったらとても面白い。これは買おうと一瞬意気込んだ。しかし、kindle版をamazonで買った方が安いんではないかと考え始めるが、挿絵が面白いので電子書籍ではなく紙の本の方が良いかと考えたり、電車の中で読むとしてもこれは面白すぎて電車の中で笑ってしまうんではないかと躊躇する。以前にリリーフランキー氏の「誰も知らない名言集」と言う本を電車で読んでいるときに大爆笑して恥ずかしい思いをした。国分寺で大爆笑し、武蔵境まであまりに好奇の目で見られるのでしぶしぶ三鷹で総武線に乗り換えて、止まらなくてもいいはずの東中野とか大久保を横目でやり過ごしたのもいい思い出だ。 

増量・誰も知らない名言集イラスト入り (幻冬舎文庫)

増量・誰も知らない名言集イラスト入り (幻冬舎文庫)

 

 そうならないためにも電車の中で読む本はできるだけ真面目なものをと考えているのだが、これはかなり香ばしい案件の書籍である。本棚の前でこの本を睨みつけて考え込んでいたのだが、答えが見つからないので、他の棚でも見ようかと歩いていたらエンド什器の面陳列でネットショップ関連の本を発見した。

2016年のEC業界を総まとめ!!最新EC業界大図鑑

2016年のEC業界を総まとめ!!最新EC業界大図鑑

 

 なんと!発売されたばかりの業界本だった。ネット通販でオゼゼを貰っている私は、これは買うしかない!と意気込んで中をペラペラ捲ってみると、ちょっとした業界の現状と、コンサルティング業者の広告かと思うような内容がびっしりだった。悪くは無いんだが、自分がこの本を買ってどうするんだとなるような、新卒就活生が業界研究で使いそうな内容なのである。したがって、かなり迷うのである。しかし、ブックカバーをお願いしますってレジ前で言いたいと言う謎の衝動が走る。

本を買うのを迷うようになった

結局、休憩時間が終わってしまいそうなので本を買うのをあきらめたのだが、こうやって悩むようになった原因の一つに中古流通がある。本を選ぶときになんとなくだが「この本なら来月ぐらいに中古書店に並んでるんではないか」とか「ヤフオクに出てそうじゃね?」と言った感じですんなり買えない症候群の症状が出るのである。

そんな中古書籍業界も最近は儲かってはいないようで大手リサイクル書店のあの会社も赤字経営になっている。しかし、あんなぼったくりでどうやって赤字になるんだと言うご意見を拝見することがあるのだが、買い取り価格と販売価格のその差額だけ見ると儲かって当たり前なのだが、問題は買い取ったものがすんなり売れることが無くなってきているからだ。

toyokeizai.net

リサイクル書店の原価は総平均単価法で算出される。

もともとあった在庫の合計金額÷もともとあった在庫の数量+今月買い取った金額の全部を足した額÷買い取った合計数量=原単価

ってことになるので販売数と買取数が逆転した時点で利幅が急速に減っていく。ややこしいねぇ。

10円で買い取ったNARUTOの1巻を100円で販売。
100円で買い取ったONE PIECEの80巻を250円で販売。

単体で売った場合は

NARUTOは90円の差額、ONE PIECE150円の差額が出ます。

しかし、平均化され2冊を110円で買い取って350円で販売となり差額は240円。1冊あたり120円の差額となる。

ONE PIECE分の30円がNARUTO分にかかる形となる。だが、完結してしまっているNARUTOのしかも1巻が売れるかと言うとONE PIECE80巻に比べ回転率も低く、下手すれば長い間売れないことになる。NARUTO1巻が売れない限り30円が回収できない。ONE PIECE80巻をたくさん買い取って速いスピードで循環してもNARUTOが売れない限り薄利な状態になる。とてもややこしい仕組みだが、こういう小さいのが蓄積してしまうと、売れ行きが良くなれば逆に赤字になる商品やキャッシュアウトになる状態の店も現れる。単価が低い書籍はまだいいがゲーム機本体やソフトなどの高単価商品の買取と販売のバランスが崩れると厳しい状況になりやすい。

そして在庫を抱えることを恐れ、買取価格を低くしたり、販売価格を高くしたりと右往左往する羽目になる。こうやって売れない在庫が嵩張り、売れる在庫も高い値段で買うことができないと言う苦しい状況になる。しかもあの業態は本やゲームや音楽と言った情報媒体ばかりを扱ってきたのでほとんどがデジタル化してしまい、商品の価値が著しく低下した。

すでに2005年あたりでそうなることが予測された業態なのであり、追随していたほかの会社は業態変換させたり、事業売却を図っていたが最大手のあの会社は10年経って今必死に古着屋や古道具屋になろうとしている。涙ぐましい努力だが黄色と青と赤の三原色の看板のセンスのなさではちょっと。。。

そもそも本が高い

そんな堅いのは股間のマグナムだけにしておいて、わかりやすい話をすると、中古書店をなくして新品の本をもうちょっと安く買える仕組みが出来たらいいと思う。私はいつか日本でamazonに対抗できる仕組みができると信じているし、あのリサイクル書店とパチンコ屋が消えてなくなればいいのにと思っているし、そのために何ができるかを、通勤電車の乗り換え待ちの時に一瞬考える。一瞬だけね。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック