東京ハードボイルド

インターネットを使い始めてからもうすでに20年以上の月日がたっていると考えるとなんだかぞっとする。

書評

昨年読んだ本『陸王』のテレビドラマがそろそろ始まる

『陸王』がドラマ化される。 昨年、夏に入るころに入院していた。そのなぜ入院していたかはこの際割愛させていただくことにしたのであるが、その時にお見舞いで来てもらった友人から本をいただいた。 www.tokyo-hardboiled.xyz 池井戸潤氏の作品「陸王」と言…

話題の書籍を読んでみたらブログのネタにしようと考えていたことがバカらしくなった

はてなブログ界隈でも話題になっている本が気になったので、仕事の昼休みにまたしても有隣堂に買いに行った。 その本のタイトルがあまりにインパクトがあるのでまさか、書店にあったとしてもひっそりと棚にしまわれているものと思ったが意外なほど普通に平積…

なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?という本にジョブズの話が前書きにしか出てこない

iPhone利用者なら少なからず恩恵を受けているapple社。その創業者の一人であるスティーブ・ジョブズを知らないとは言わせない。 何やらこの人は伝説と化しているのだが、 ジョブズの何がすごいのか。

電車内ではぎりぎり読めない『会議でスマートに見せる100の方法』という似非ビジネス本

先日本を読んだ。そのことについて今回は書き記すとしよう。 この本は誰かのブログに紹介されていたので気になっていた本であるが、仕事の休憩時間中に時間を持て余したときに本屋に寄ったら置いていたので買ってみた書籍である。この書評を入力したらヤフオ…

「恋は雨上がりのように」と言うマンガを読んだら、逆に結末を知りたくないと思った

あまりマンガを読まない私である。ここ数年で唯一読んでいた漫画が「銀の匙」と言うマンガだったのだが現時点では休載状態なのかなんなのかで、完全に死に体と言っても過言でない。もう、続きが読みたいと感じる感覚が無くなったので連載が再開し、新巻が発…

「99%の会社はいらない」ことはない。87%ぐらいいらないけれど

ホリエモンでおなじみのあの人が書いた本を読んでいる。割とこのひとの書いた本が出たら買って読んでしまうので彼の術中にはまっていることはなんとなくは気が付いている。 常に辛辣だが理論的 意識高い系の精神安定剤 割と読後の爽快感を味わえる本